道後温泉のまちに生まれた伊予猿として(8)ホテル奥道後が『奥道後 壱湯の守』としてリニューアル!

ホテル奥道後が半年のリニューアル工事を経て、
2014年7月2日(水)にリスタートした奥道後 壱湯の守へ行ってきました。

奥道後 壱湯の守

リニューアル前は昭和の薫りを残すジャングル風呂が名物でした。

源泉掛け流しで入浴料金も500円ほどと、そのお湯の良さと安さでよく通っていました。

奥道後温泉に行って見た記

リニューアルにあたって3つの心配事とは?

リニューアルされてどうなることかと心配しながらランチバイキングのチケットを買いました。

リニューアルに当って心配だったポイントは次の3つです。

(1)源泉掛け流しの良質なお湯がカルキ臭や循環式で損なわれるのではないか

(2)料金が高くなるのではないか

(3)露天風呂を全面に押し出すということ冬場は厳しくなるのではないか

月曜日でもランチは大盛況!

ランチバイキングに合わせて午前11時前に到着しました。

ランチバイキングは以前の価格とほぼ変わらない1620円(税込)。

チケットはホテルのフロントで購入します。

この日は月曜日でしたが雨のせいか思いのほか混雑していました。

先にお風呂に入ろうとするとランチも入浴も11時30分からとのこと。

以前なら朝7時から入浴できたのですが、日帰り温泉の時間自体が11時30分と遅くなったようです。

しかたがないのでロビーで時間を潰しました。

平成感覚で生まれ変わった露天風呂

いずれにしてもランチ会場は行列ができていたので、まずは日本最大級の露天風呂で話題の「翠明の湯」へ向かいます。

長い廊下を歩くと、窓越しにリニューアルした露天風呂が俯瞰できました。

思った以上に川岸ギリギリまで浴場がせり出しています。

温泉のロビーや受付、脱衣室はリニューアル前のまま活用されていました。

よく見た光景で新鮮味はありませんでしたが、やはり大事なのは温泉ということで浴場へ入っていきます。

ついつい改善点ばかりが目についてしまって…

脱衣室からドアを開けると長い階段を降りていきます。

この階段もそうですが露天風呂内の通路もすべてベージュの木目調の板張りで、段差の分かれ目がわかりづらくちょっと危なかったです。

慎重に降りていったものの、最後の段の高さが低くなっていたので足を滑らせそうになりました。

階段の縁に色をつけるなどしてほしいところです。

広さとしては以前のジャングル風呂と同じくらいです。

ただ、枯山水のような中庭が半分ぐらい占めているので浴槽の数のわりにそれほど広く感じませんでした。

洗い場のみ半透明のガラスで囲われていてドアもついていましたが、それ以外は開放感のある杉の垣根なので、冬場はかなり風が寒いと思います。

でも、春から秋まではかえって良いですね。

やっぱり奥道後の湯質は素晴らしい!

一番良かった浴槽が「若湯」です。

敷地の一番川岸にあって、すぐ下が川、目の前は森が迫っています。

杉の垣根のにおいとともに森林の香りも漂っていてリラックスできます。

川面を見ていると大きな鯉も泳いでいました。

若湯の湯温はぬるめに設定されているようです。

ただし、ここだけ屋根がない完全露天風呂なので、雨が降りだすとみんな散って行きました。

さて、肝心のお湯は以前の奥道後温泉と変わらない素晴らしいものでした。

きついカルキ臭もなく硫黄のにおいにぬめりのある肌ざわり。

まさしく美人の湯です。

ただ、男性陣に不評だったのが水風呂がなくなってしまっていたこと。

小さなサウナの前に手桶で水を掛けられるようになっているのですが、体を冷ましたい男性からすると残念に感じると思います。

宿泊施設としての大浴場に特化か?

全体的に日帰り温泉というより本来的に温泉ホテルの大浴場という位置づけが更に強まった感じです。

浴場にも脱衣室にもベッドがないのでお風呂から出たらすぐ帰るイメージになります。

あくまで宿泊客や観光客を呼びこむこと、ランチバイキングを入浴と合わせる方針が強まった印象です。

入浴後に利用したバイキングはこれまでと同じメニューや味でした。

たいろうのまとめ

日帰り温泉でのコストパフォーマンスは微妙

奥道後 壱湯の守の日帰り温泉は入浴のみでは1080円(税込・タオル付き)。

入浴後の休憩ができないことを考えると、高めの料金設定をしている松山近郊のそらともりや利楽のほうがコストパフォーマンスが良さそうで、定期的に通うのは迷ってしまいます。

ただ、存続が危ぶまれていた奥道後温泉そのものがこれからも続くきっかけとして、そしてあの良泉が守られることを考えるとよしとしたいところです。